埼玉スーパーアリーナ座席1階スタンド見え方画像付7月夏服装

さいたまスーパーアリーナ座席表の中から、スタンド1階席見え方眺めや7月真夏の服装体験をご紹介しています。

埼玉スーパーアリーナ体験をした方からスタンド1階席座席からの見え方について感想を頂きました。

この記事では、7月真夏の服装を体験した意見を含めて、以下の項目でご紹介しています。

さいたまスーパーアリーナ1階席スタンド席見え方眺め画像付感想紹介

さいたまスーパーアリーナ真夏7月体験から服装選び方をご紹介

以上の内容で、見え方眺めのための準備を含めてご紹介していますので、情報収集の1つとして参考にして下さい。

さいたまスーパーアリーナ1階席スタンド席見え方眺め画像付感想紹介

さいたまスーパーアリーナ1階席スタンド見え方眺めセンターステージ

さいたまスーパーアリーナは、全国の会場から見てもかなり巨大な規模。

スタンド座席に慣れている方も、スタンド配置とステージの距離から見えにくさを経験しやすい場所でも有ります。

実際に、いくつか画像付きで見え方をご紹介していこうと思います。

さいたまスーパーアリーナ1階席スタンド見え方眺め中央部付近

さいたまスーパーアリーナスタンド1階席眺め見え方中央部

1階席スタンドでも中央部迄下がると、夜はもう先の方に光が見えるイメージ程度のステージ。

ビッグモニターを見て楽しめるのが、限界になります。

眺め的には、全体を見渡せる事で、観客の放つ光の演出が綺麗に見えますので、是非会場全体を見ながら楽しんでみてください。

さいたまスーパーアリーナ1階席スタンド見え方眺めステージ正面

さいたまスーパーアリーナスタンド1階最前列見え方眺めステージ正面

ステージ正面にもなると、もう正直、

・アーティストがどこに居るのか?

・バンドメンバー、ダンサーの区別

これらも自分の目だけでは、判断つきにくいと思います。

ぜひ双眼鏡を準備して楽しむことをオススメします。

さいたまスーパーアリーナ1階席スタンド中央部より後方からの見え方眺め

さいたまスーパーアリーナ1階スタンド見え方眺め中央から後方

中央部より後方の座席からの見え方は、もう自分の座席方面の袖にアーティストが向かうと見難い状態までいきます。

原因は、以下のような要素。

・観客が立つ。

・腕を伸ばす。

・ライトが邪魔で袖も見えない。

こうした条件が重なってきます。

アーティストを見るなら、反対のビッグモニターを見るつもりで楽しみましょう。

ではこんな会場で、実際にコンサートを体験された方の見え方についての感想をご紹介していきます。

埼玉スーパーアリーナコンサート参加の感想体験記

Mr.Childrenツアーが開催された埼玉スーパーアリーナでの開催に参加された方から貴重な体験談を頂きました。

埼玉スーパーアリーナに、ミスターチルドレンのコンサートを見に行きました。

私の座席は、スタンド1階席の後ろ側にありました。

パフォーマンスをしている所からかなり距離が離れていたので、あまりコンサートの臨場感は伝わってきませんでした

しかし、

周りの観客の方は、歌っている最中に立ってリズムに合わせて踊ったり、一緒に曲を口ずさんでいました。

そのため、

観客との一体感が生まれ、とても楽しい時間を過ごすことができました。

コンサートの感想としては、みんなと一緒に楽しめて満足でした。

座席からの見え方については、やはり後ろ側の席という事もあり、肉眼ではあまりはっきりと顔を認識することができませんでした。

かろうじて歌っている姿を認識できるくらいです。

なので、はっきりと顔を見るためには、双眼鏡が欠かせませんでした。

やはり、見え方としては、後ろの方では、アーティストを見るという楽しみ方には厳しい感じですね。

しかし、

会場の一体感というのもコンサートやライブ会場だからこその楽しみ方。

このようなライブになる事が想定される方は、ぜひ楽しみ方としてのイメージも持って行きましょう。

では続いて、この方が体験された真夏7月の服装について、ご紹介していこうと思います。

 

さいたまスーパーアリーナ真夏7月体験から服装選び方をご紹介

埼玉スーパーアリーナ7月服装選び方

実際に、7月真夏の服装について、体験感想をご紹介していきましょう。

コンサートに出かけた時期は、7月暑い時期でした。

埼玉スーパーアリーナはドーム球場ではないので、日が直接、体に当たります。

ですから、当日の服装は、暑くないようにTシャツに短パンをはいていきました。

日焼け止めとして、上から羽織れるカーディガンも持っていきました。

他の観客の服装も、Tシャツにパンツといういでたちが多かったです

このように夏らしい気候から、アリーナという環境をイメージしている方には、あまり苦労もなさそうですね。

服装は、短パンTシャツ、ごく当たり前だと思っていいと実感しました。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をお読み頂きありがとうございました。

 


コンサート、ライブをより楽しむために

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ