3代目JSBライブ服装等の感想ナゴヤドームスタンド2階見え方

3代目JSBライブナゴヤドーム座席見え方スタンド2階眺め感想や6月後半服装体験記

ナゴヤドームスタンド2階見え方眺め体験感想で3代目JSBコンサート感想が届きました。

この記事では、

3代目JSBライブナゴヤドームスタンド2階席見え方感想や画像

ナゴヤドーム3代目ライブ服装6月後半体験記

以上の内容についてご紹介していますので、ナゴヤドームコンサート参加の情報源として活用して下さい。

3代目JSBライブナゴヤドームスタンド2階席見え方感想や画像

ナゴヤドームスタンド2階見え方眺め

ほぼステージ正面に近い市からのナゴヤドームスタンド2階席からの見え方画像を早速ご紹介しています。

このように距離感都市は、かなりあるイメージが持たれます。

ナゴヤドームスタンド2階ステージ近くからの見え方画像

ナゴヤドーム2階見え方眺めBIGBANGステージ近く

同じナゴヤドームスタンド2階でも、ステージ近くになると見え方は、かなり変ります。

大型モニターを両サイドに設置しているステージなら、目視でもモニターは見える程度。

もちろん、

肉眼でアーティストを見ると言うのは、難しいので、双眼鏡必須。

実際に、

3代目JSBコンサートをナゴヤドームで体感された方の感想をご紹介していきます。

3代目JSBライブナゴヤドーム公演スタンド2階席見え方感想

では早速見え方感想を御覧ください。

三代目JSBライブツアー2015「BLUE PLANET」ナゴヤドーム公演に参戦してきました。

メインステージ外野側サブステージ内野アリーナ外周をトロッコが回ります

私の座席は、スタンド2階の三塁側。

三塁側と言ってもレフトに近い座席ですので、見え方としてはメインステージを角度はついていましたがほぼ真横から見る感じでした。

近そうに思えても実際はメンバーを見間違えることが多かったので、双眼鏡とモニターが頼りでした

そして

モニターを見るには首を左に向けないといけないので、少し辛かったです。

サブステージはもっと遠くに感じました。

DJブースになっていたので、周辺はクラブノリですごく盛り上っていて羨ましかったです

私の席からはその楽しい光景を遠くから眺める、といった気持ちになる程の距離感を感じました

臨場感を味わいたいならやっぱりアリーナです。

ライブ全体の動きを見たいならスタンド。

ただし、

バックネット側かせめて内野に近いところまで、といった感想を今回持ちました。

トロッコはかなり上から見下ろしました。

近くまで来るとメンバーが誰か確定できます。

3代目JSBのファンの気持ちがヒシヒシと伝わってくる様な見え方感想。

さらに、

3代目JSBナゴヤドームの詳細なステージ構成の解説。

まさに、

実際に体験された方らしい感想を頂きまして、感謝しています。

ご協力ありがとうございました。

この方の感想から、

・サブステージ構成ではあっても、見え方には限界があるスタンド2階席

・3代目JSBのDJブースを楽しむなら、アリーナが最高である

こんな思いもこもった貴重な情報を頂きました。

ぜひナゴヤドーム3代目JSBライブを楽しみにしている方は、見え方について参考にして下さい。

では続いて、

3代目JSBライブツアーを6月後半に体験されたこの方の服装体験についてご紹介していきます。

 

ナゴヤドーム3代目ライブ服装6月後半体験記

ナゴヤドーム6月下旬3代目JSB服装

3代目JSBライブツアーの服装って何を着ていく?

ナゴヤドーム6月後半の服装は?

こんなコンサート、ライブ前の情報源として、体験感想をご紹介していきます。

服装については、6月後半でしたのでライブ公式Tシャツを着て行き、ドームに着くまではTシャツを隠すようにカーディガンを羽織っていましたがちょうど良かったです。

服装は、公式Tシャツというファンの中では、鉄板アイテム。

6月には、カーディガン。

この2つのアイテムで十分そうですね。

ぜひ、6月ナゴヤドーム公演ライブ、コンサート参加の際には、服装の参考にして下さい。

この記事でご紹介したかった内容は、以上となります。

この他のナゴヤドーム座席見え方眺め体験感想や画像例については、

ナゴヤドーム座席見え方アリーナスタンド1階2階まとめ

にてご紹介していますので、あわせて暇つぶしにでも参考にして下さい。

この記事を最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。


コンサート、ライブをより楽しむために

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ